【メディア掲載品】【きものSalon掲載】【読谷山花織】伝統的工芸品 本場読谷山花織着尺「夜の星」:京都きもの市場 - 8cd78 - bankonyakima.org

萩商工会議所のご案内


萩商工会議所
〒758-0047
山口県萩市東田町19-4
TEL:0838-25-3333
FAX:0838-25-3436
mail:
hagi-cci@haginet.ne.jp
受付時間:8:30~17:15
定休日:土・日・祝・年末年始

2020-03-11

【メディア掲載品】
【きものSalon掲載】
【読谷山花織】
伝統的工芸品 本場読谷山花織着尺
「夜の星」
絹100%
長さ13.3m 内巾約36.5cm(裄丈約69cmまで)
読谷山花織事業協同組合の証紙、沖縄県織物検査済之証、
経済産業大臣指定伝統的工芸品の証、沖縄県伝統的工芸品の証がついております。
染色:草木染
製造者:福原清子
◆最適な着用時期 袷(10月〜翌年5月)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 観劇、お食事会、お稽古事、街着、ランチなど

◆あわせる帯 お洒落袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯など

読谷山花織(ゆんたんざはなうい)…

呉服の本場ここ京都室町におりましても、なかなかお目にかかれません。
とりわけ着尺となりますと、織り物好き憧れのひと品。
ぬくもり溢れるひと品が入荷致しました!

花織は、可憐な小花のような柄が特徴の織物です。
読谷山、首里、与那国、南風原…
琉球各地に花織はございますが、
読谷山花織には、他の地域とは異なる歴史的背景があります。

首里花織は中国の紋織りの影響を受けていますが、
東南アジアと直接交易を行なっていた読谷の花織は、
南蛮貿易時代に東南アジアからダイレクトに伝わったものとされています。

600年の歴史をほこる読谷山花織ですが…
他の琉球織物同様、明治の中期以降は衰退してほぼ幻の織物となっておりました。
読谷村の與那嶺貞(よなみねさだ)さんが、わずかに残っていた
「ウッチャキ(祭り衣装)」や村のおばぁ達からの話を聞いたりして研究し、
昭和39年に、ついに90年ぶりに復元、
後に読谷山花織は国の重要無形文化財に指定されました。
その功績が認められた與那嶺貞さんは、1999年に人間国宝に認定されています。


こっくりと深みある黒色を基調に、
鮮やかな白色と山吹色で花織文様を繊細に織り出しました。
細い糸で綾なされた地は、実に軽やかで程よい光沢を帯びて。
ほっこりとしたぬくもりと艶めきの織物です。

美しい彩の調和と、民芸味溢れる織のぬくもり、情緒漂うムード…
一言では言い表せない魅力の中に、独特の味わいが表現されました。

一反ずつ、真心込められたぬくもりの織物。
もちろん数あるお品ではございません。
大切にお届けいたします。
どうぞお見逃しございませんようお願いいたします。
お仕立て料金はこちら
地入れ2,160円+※胴裏6,480円〜+紬八掛11,880円+海外手縫い仕立て24,840円(全て税込)
※国内手縫い仕立て
「大島紬・結城紬」+23,760円(税込)「左記以外の紬」+12,960円(税込)


胴裏の価格について
身丈について
商品加工をご要望の場合はこちら
(地入れ)


※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[A6G102031QW]-[TP:渡邊]-[PS:三輪]-[CH:バッチ]-[文責:瀧本]-[0919018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

 
価格
397,440円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
発送日目安:C:2日から7日後
残りあと1点限りです
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Copyright (C) 2006 The Hagi Chamber of Commerce and Industry All Rights Reserved.